アートタイマー working

独学で芸術・デザインを勉強する傍ら、鳥取県大山町を起点に、独断と偏見で素敵だと思う人達を似顔絵と一緒にご紹介。

大山町マップ、つくってみたら、学びが多かった!-アートタイムレポート-

f:id:doragon-scru-86:20180318182337j:plain

こんにちは!ゆーみんです!


春が近づいてきてますねー!


我が大山町は風が強い日が続いています!
でも、晴れるとめっちゃ綺麗になるんですよ!

f:id:doragon-scru-86:20180318182601j:plain

海側でこの澄み渡り感なら、
山側はもっと空が澄み渡ってるだろうなぁ!

f:id:doragon-scru-86:20180318182711j:plain


また行けそうな日があったら、山側でお茶したいなぁ、
なんて考える今日この頃です。笑


***********************************

●マップ完成のご報告

今回はアートタイマーのご報告!

大山町マップが完成しました-!



パンパカパーーーーーーン☆彡(ノ・∀・)ノ笑




いやー、死ぬかと思った。笑
てのは、まあ、本音半分、冗談半分。( ̄∇ ̄)



ぶっちゃけ、実際にはね、
いろいろ無理はしました。笑

でも、これで分かったような気がします。



自分がほんとにやりたいことは何なのか。
自分はどういう人間なのか。

ちゃんと自覚出来たような気がします。笑



そんな私のマップメイキングを
今回は少し語ります。

***********************************

●私のイラストは『地域』と『人』の魅力を発信することから始まった。


私がなぜ大山町マップをつくることになったかというと、昔書いたブログに書かせてもらったのだけど、要は『大山町の地域間の良さみたいなのを発信できないかなぁ。』って考えたことから始まったのだった。


そこから友人が声をかけてくれて、
いろんなイラスト依頼を受けるようになったんですよね!


例えば、これは友人まーしーからの声掛けでつくった のぼり旗。

米子市警察署前のファミリーマートで『Orange Box』の野菜を販売をすることになって、その目印になる のぼり旗をつくってほしい!ってことで制作。
(現在は境港市に移転したっぽい!笑)


大山が真ん中にあるの、分かるかな??笑

まーしーから色んな大山の話とか仕事の話をきいていたから、時間がない中でもイメージがしやすかった記憶がある・・・。


切り絵は大好きなアーティストのチャンキー松本さんのFacebook画像からヒントをもらったんだけどね!笑
(チャンキーさんとの出会いはこちら。大山町で会いました。)



f:id:doragon-scru-86:20180319002959j:plain
これは『Orange Box』(まーしー)をイメージしてつくったのぼり旗。クレヨンで描いたイラストをそのまま起用した。


f:id:doragon-scru-86:20180319003246j:plain
これは畑から採れた野菜をイメージして、切り絵で作ったイラストをそのままのぼり旗に起用した。


▼実際にまーしーがのぼり旗を使ってくれたブログ。
maashiitaiyo.blogspot.jp



そこから派生して、というわけではないのだけど、今度は友人おにぎり君から声をかけてもらって、おにぎり君の愛車『くりまる』(という名の軽トラック)を改造してキッチンカーをつくりたいので、デザインを考えてほしい!ってことで、イラストを描かせてもらいました!笑



f:id:doragon-scru-86:20180327002245j:plain
大山町の各所・または鳥取県内でおにぎりの販売を行っている、おにぎり君!夢はおにぎりつくって全国行脚みたい!笑 おにぎり君のつくったおにぎりは食べやすいし、すごく美味しい!地域の美味しいものを混ぜ込んで、色んな種類のおにぎりをつくってる!登山者用には塩多めにしたりとか、工夫も満載!


これは割と忙しい中でも時間をいっぱい貰ってつくったから、けっこう、楽しんで描いてたかもしれない・・・。笑


f:id:doragon-scru-86:20180319005353j:plain
おにぎりをイメージしたキッチンカーデザイン。おにぎり君からの案で着脱可能な感じをなんとなくイメージ。笑


f:id:doragon-scru-86:20180319005737j:plain
一応、キッチン部分が閉じた時にイラストがあったら目立っていいよね!ってことで、イラスト案も考えて一番上のが採用になったけど、実際作ったキッチンカーはイラストが描けそうにない構造をしていて、結局ボツになりました。笑


f:id:doragon-scru-86:20180319010326j:plain
作ったデザインをパーリー建築さんにバトンタッチしてもらったら、2週間程度で完成したという半端ないスピード感・・・!!!笑


▼おにぎり君の実際に作ったキッチンカー制作ブログ
hitomusubi0312.hatenablog.com



わたし、『地域』の魅力は『人』だと思っています!
あと『つくる』チカラ!


『地域』の魅力になりえる『人』を応援することで、その人が暮らしている『地域』の魅力を発信できる!と思っています!

で。それはイラストで表現できる!って思っています!笑


イラストはすごいです!
人の良さをぐんぐん表現できるし、
いろんなことに応用が利きます!


実際につくったイラストを使ってもらうことを通して、『人』と『地域』の魅力を発信できる!応援できる!っていうことが、
ほんとうに、ほんとうに嬉しかったんですよね!!


そして、ついに、私の当初の目的だった、
大山町のマップが一つ、完成しました!

それがこの『daisen world』のホームページ!


制作過程は別ブログで語っているのだけど、苦しくても楽しむことができたのは、まぎれもなく、一緒につくってくれた仲間がいたからでした!


f:id:doragon-scru-86:20180319004133j:plain
『daisen world』のホームページイラスト。始めてチームで作成して、私はHOME画面イラストを担当した。



ほんと、いい経験でしたよー!

みんな、描く人たちは大山町を拠点にしていて、ちゃんと顔を知っている人たちだったし、特徴も魅力的で、とても素敵な人たちばかりだったから、イラストをつくるのが楽しかったし、足りないところは実際に行って場所の雰囲気とかを知れたりもしたから、ほんとに楽しかったんですよね!

それに何よりまーしーの見ている『大山』という世界を表現するのが面白かった!!笑



こんな風にイラストは誰かが見ている世界を代わりに表現してあげることもできるんだー!って、新しい発見にもつながったんです!



▼大山町マップをつくったことで新しい観光プログラムをつくってしまったまーしーのブログ。
maashiitaiyo.blogspot.jp



***********************************

●好きだった『大山町の魅力発信』は、いつしか『自分の仕事』へ。


この『daisen world』が完成して数か月経ったころ、いつしか、わたしは『プロになること』を意識し始めました。


家族は反対していたけれど、どうしても真剣に考えてみたくて、少しモヤモヤとしていました。



で。そこからまた妙なタイミングで、大山町のマップをつくってみませんか?ってことで、イラストの依頼が舞い込んできたんですよね!笑


これはプロデザイナーの林原さんからの声掛けで依頼を受けたんですけど、
大山町役場で使うマップをもっと見やすくできないか、ってことで、役場側から林原さんに相談があったらしく、どうせならチームでやってみませんか?ってことで、林原さんと私と川本氏とチームで制作することになりました!



f:id:doragon-scru-86:20180323062931j:plain
プロデザイナーの林原さん。ロゴデザインとか映像の制作も得意のデザイナーさん!制作中は、ほんとに気を遣ってもらって、たくさんフォローして貰いました!ありがとうございます!!!


f:id:doragon-scru-86:20180323063017j:plain
プロ映像クリエイターの川本氏。『daisen world』ホームページ制作でもお世話になったのだけど、制作者として一緒につくるのは初めて!映像を主としたクリエイターだけど、机をつくったりデザイン考えたり、割と器用な一面も持ってる。変顔がマンガっぽくて面白い。笑



声掛けて貰った時はすごくうれしくって即、OKした!笑

だって、2人とも尊敬するフリーランスだし、1回、一緒にものづくりしてみたい!って思っていた人たちだったから!


それに私もプロを意識し始めていたから、2人のプロとしての仕事を間近で見ることが出来る!ってのは、自分にとっても勉強できるチャンス!って感じだったんです!笑


で。最初は皆で集まって、ミーティング!

制作期間は3か月!
大山町の名和・中山・大山地区の3つのマップをつくっていきましょー!ってことで、
まずは大山地区から始めてみることにしました!

f:id:doragon-scru-86:20180321185234p:plain
川本氏がつくった当初のマップ案。googleマップ感がありつつ、観光名所は拡大地図を作るって感じで、初めて大山町に来た人でも分かりやすいようにってことで作ってくれた!個人的には地図だけど土地とか海の空間がある感じがいいな!って思ってた!笑


こんな感じで、川本氏がマップ全体を構成していって、
そこに私がイラストをつくる。


f:id:doragon-scru-86:20180321190519j:plain
大山地区にある、仁王堂公園のカラス天狗像。切り絵をイメージしていて、昔話の絵本みたいにつくれたらいいなぁ!って想いから、つくってみた!


f:id:doragon-scru-86:20180321191054p:plain
大山地区の名所『門脇家住宅』。これも結構、屋根部分とかこだわって色付けしていったなぁ。


で、林原さんにアイコンとか総合的なところを担当・制作してもらって完成品をつくる!って感じで進めていく!


f:id:doragon-scru-86:20180321191405p:plain
イラストを合わせた感じがこんな感じ。まだこれは案の状態で不完全だけど、背景色との違和感があまりなくて手ごたえはあったなぁ!


林原さんが私の切り絵テイストのイラストをすごく気に入ってくれていて、
私のイラストに合わせるテイストでつくってみようか!って提案もしれてくれて、
ものづくりの楽しさを感じながら制作してましたね!笑




でも、ミーティングから数日して、クライアントさんとのやり取りが入ってから、
段々とマップ制作自体に注文というか、指示が入りだして、なかなか自由に制作することができなくなっていきました。


で。これが結構、ストレスだったんですよね・・・。笑

結局、私のイラストも制作案もボツになってしまって、『ものづくり』をするっていうより、『注文通りにものをつくる』って感じで、みんなでのミーティングも段々とやらなくなっていきました。


そして、何よりクライアントさんの顔が見えない。

これが私には怖くて苦痛でした。


思えば、今まで顔の見える人たちの依頼しかやってこなかったんですよね。;;;
だからこそ、安心して制作もできたし、
何よりその人たちの笑顔を想い浮かべながら制作ができた。

苦しくてもやってこれたのは、それがあったからだったんだと気づかされました。笑


きっと、顔見て、その人の事を少しでも知ることが出来ていれば、
もっといいイラストの提案ができたかもしれない。


それで、一度クライアントさん含めたミーティングに参加できないか、相談してみたけど、私の本業の都合上、どーーーしても参加できず・・・。


その人が求めているものに合わせたイラストイメージが、ぜんぜん湧いてこなくて、
それがもう、ほんとにストレスでした。



そして、体力的に無理だったのは、制作スピード。;;;

フリーランスの人達は昼間できる制作が、私は夜の1~2時間程度しかできないってこと。

土・日は家のことで駆り出されることが多いので、合間につくったりもするのだけど、ぜんぜん集中できない。笑;;;


こういう時、フリーに制作できる『場』があればいいんだけどなぁ。;;;

大山町内には、まだそういう場所がないんですよね・・・。;;;


まぁ、そんな感じで夜は無理することも多く・・・。
本業に支障が出ることもありました。;;;


で。ある時、体力的にも精神的にもストレスが重なって、左耳が変な聞こえ方になったり、体力が落ちて、インフルエンザに掛かったり・・・。;;;


また、ほんとにタイミングが悪くて、依頼とは別の頼み事をされたりもしていたので、あんまり休まらない時期が続いたんですよね。;;;


でも、そんな中でも納期は絶対だから、
イラストは描かなきゃならない。


正直、ほんとに休みたくて、助けてほしくて、でも人に頼むのも心苦しいし、途中放棄もしたくない・・・。

制作中は、ある意味、どこか狂ってました。笑


一緒につくっている林原さんや川本氏は、一体どんな思いで制作しているだろう。

私はこんな感じでイラストを描いているけど、迷惑かけてないかなぁ・・・。




そして、制作が終わりを迎えるころ、
林原さんや川本氏と個別だったけど、話をすることができました。

ちゃんと直に謝ることもできたし、いろんな反省点をお互いに話すこともできたし、
話を聞くと割と思いは一緒だったんですよね!笑

いい『ものづくり』がしたい!

『ものづくり』は制作の過程が大事です。
色んな案を出し合って、『それ、いいね!』ってみんなが納得したものをつくっていく。
みんなのいいところを最大限に出し合っていく。
それでこそ、いいものが出来ると思っています。


今回は制限がかかる中でも、どれだけのオリジナリティーが出せるか。
納期通りに結果を出せるか。
それだけでした。


考えてみれば、もっといい方法があったはずです。
反省が尽きません・・・。;;;


f:id:doragon-scru-86:20180321204202p:plain
完成した大山地区のマップ。扉絵は大山キャラボクと登山イメージ。旧マップを原型にしたデザインで、イラストはだいぶシンプルになりました。



f:id:doragon-scru-86:20180321210408p:plain
大山町の名和地区マップ。扉絵は住雲寺のふじ祭りをイメージ。道の駅は普段からよく知ってる場所だから描きやすかったけど、茶摘みイラストは割と時間かかったかも。笑


f:id:doragon-scru-86:20180321215843p:plain
大山町の中山地区マップ。扉絵は中山では有名なハマナスの花と温泉のイメージ。ゴルフ場とか牛のイラストは、もうなんかイメージつかなくて時間かかったし難しかった・・・。


この大山町マップは大山町役場の観光課で使われ、大山町のホームページでも掲載されるそうです。


・・・どれだけの人が見てくれたり、使ってくれるのかな。笑


ほんの少しでも、大山町の魅力が伝われば嬉しいです。


***********************************

●『大山町マップ』制作を通して分かったこと。


こうしてみると、私は2種類の『大山町マップ』をつくりました。


一つは『ものづくり』として。
チームで意見を出し合って、大山町の人と場所の魅力を発信し、同時にクライアントさんの事業の魅力も発信した結果になりました。


もう一つは『仕事』として。
言われた通りのイラストをつくり、一つの作業として制作をし、結果的には大山町の観光名所の発信に繋がったと思います。
(クライアントさんが使いやすいデザインになったかは謎。)


どっちも大山町を発信してる。でも、少しちがう。


この2種類の『大山町マップ』をつくったことによって、私は気づきました。


ああ、私、『仕事』としてイラストは描けないや。笑


ましてや、本業をしながらの『仕事』はできない。


これは、林原さんとクライアントさんのやり取りを見て感じたことでもあるんですよね。

なんというか、『交渉』っていうんですかね・・・。
ああいうの、一人じゃできないわーって感じてしまったんです。笑;;;

完全な『クライアント』と『製作者』の関係性っていうのかなぁ。

ああいうの、自分には向いてません。笑


それに、私にとってイラストは『作業』にできるほど、単純なものじゃないんだな、って分かりました!


なので、『プロになる』という目的でイラストを描くのはやめようと思います。


これは今まで目指してきたことだったし、いろいろと考えてもみたのだけど・・・。
やっぱり、1人じゃできませんね!笑

多分、パートナーとかいれば別の話ですけど、そんな人も今はいないし、
体力的にも精神的にも経済的にも無理でした!笑


じゃ、どうするか・・・っていうと・・・。


一度、ぜーーんぶ消して、
なーーーんにもしないようにしてみよっか!って考えたんですよね!笑


そうやって、今までのブログもイラストも消してやろうかと過去のものを見ていったんですよね。


そしたらね、もう、これが笑えるっていうか・・・。笑

ブログも似顔絵もあまりに正直に書きすぎていて、描きすぎてるんですよね・・・!



素敵だと思った人の素敵な顔をイラストに込めてる。

大切な思い出をブログで伝えてる。

消せないです。



そして、やっと自覚できました。

私がほんとにしたいのは、
きっと『人』と『地域』の魅力を発信すること。
顔の見える関係性で『ものづくり』をすること。(『場づくり』もその一環です。)


たぶん、お金とか関係ない気がします。

だから、これからはこっちの方に力を入れたいと思います!



私の原点にもう一度、立ち返ります!




心配してくれていた人も、もしかしたらいたかもしれないですね・・・。

すみませんでした!もう大丈夫です!笑




やっぱり、大山町は私に大切なことを教えてくれます。
どうも、ありがとう!笑


がんばります!!!




最後に、一緒にマップ制作してくれた林原さんと川本氏に感謝したいです・・・!

ほんとにありがとうございました!

また、一緒にものづくりしましょーね!笑





よし!!

もーーーーっといいもの、つくるぞーー!!!笑







鳥取県#大山町#イラスト#似顔絵#大山町マップ